本文へスキップ

English | Access | Sitemap

TEL 022-366-1225

〒985-0831 宮城県多賀城市笠神二丁目17番1号

アカデミック・インターンシップ

 トップ > 特徴ある教育活動 > アカデミック・インターンシップ

アカデミック・インターンシップ

 多賀城高校では,、キャリア教育の大きな柱として,アカデミック・インターンシップを実施しています。大学での研究活動について自身の興味に応じたテーマを選択し,先行的に体験するための行事となっています。これまでのオープンキャンパスや大学見学会とは異なり,大学での学び,特に研究活動やゼミとはどのようなものなのか,実体験をとおして,高校で身に付けておくべき「学びに対する意欲や姿勢」を養います。
 平成27年度は岩手大学において,1泊2日のアカデミックインターンシップを行いました。平成28年度以降は連携,協力大学等を中心に規模を拡大していく予定です。

岩手大学理工学部において平成28年度岩手大学防災減災アカデミックインターンシップを実施しました。
(update 2016/08/23)

 岩手大学防災減災アカデミックインターンシップは,進路指導の一環で,本校生徒を大学の研究室で受け入れていただき,生徒自らが主体的に大学での日々の学びや研究活動に触れる体験をする機会として昨年度から実施されているものです。
 7月27日(水),28日(木)1泊2日の日程で2学年の理系希望の生徒30名が参加しました。大学での学びについての講義,研究活動の体験,先輩たちとの懇談を通して,大学における研究活動へ理解を深めることができました。
 27日(水)(1日目)
   7:00 学校出発・・・校長先生の見送りを受け出発しました。
  10:00 開校式・・・理工学部の船崎健一学部長より,大学での学びとは何か,基調の講義をいただきました。その後,自らが希望した生命コース,数理・物理・マテリアルコース,知能・メディア情報コース,機械科学コースの4つに分かれ,それぞれの研究室に移動しました。

写真
  11:00~12:30 プログラム①
  13:30~16:10 プログラム②
   生命コース・・・荒木功人准教授,尾崎拓准教授
    プラスアミドの少量調製,制限酵素による切断開始,アガロースゲルの作製を行いました。
   数理・物理・マテリアルコース・・・宮島信也教授,石垣剛准教授
    コンピュータと数学の講義を受講した後,太陽の周辺減光の測定を行いました。

 写真
  知能・メディア情報コース・・・金天海准教授
   ロボットについて講義を受けた後,ロボットシミュレーションを行いました。
 写真
 機械科学コース・・・吉野泰弘准教授
  トライボロジー実験を行いました。
 16:30 宿泊場所の岩手県青少年会館に到着です。
 19:00~20:30 プログラム③
 一日で学んだことをグループで話し合い,その結果をグループの代表が全体で発表し,結果を共有化しました。その後,高木浩一教授から太陽光パネルの起電力測定の実験を指導していただき,得られたデータの処理方法を通して数学の重要性を学びました。また,本校OBの理工学部3年生の山田崇寛さん,旦尾一樹さんから大学での生活や高校時代のお話をしていただくなど貴重な体験ができました。

 写真
 28日(木)(2日目)
  この日も各コースに分かれての研修です。
   9:40~12:10 プログラム④
 13:10~14:40 プログラム⑤
  生命コース・・・荒木功人准教授,尾崎拓准教授
   電気泳動と制限酵素地図の作製を行いました。

 写真
  数理・物理・マテリアルコース・・・鎌田康寛教授,小林悟准教授
   金属の組織と強さを調べる実験を行いました。
  知能・メディア情報コース・・・金天海准教授
   前日のロボットシミュレーションを行い,最後に2日間のまとめを行いました。
  機械科学コース・・・小野寺英輝准教授
   風車騒音の周波数解析の実習と空気流の可視化実験を行いました。
 14:40~15:00 閉校式
  高木浩一教授より2日間の講評と修了証書をいただきました。
 写真

 写真
 17:30 学校帰着,解散。お疲れ様でした。

岩手大学においてアカデミックインターシップを実施しました!

今年度から進路指導の一環として本校生徒を大学の研究室に受け入れていただき, 大学での日々の学習や将来進む可能性のある学問分野に関連した研究活動等を試行的に体験する機会としてアカデミックインターンシップを実施することとなりました。

7月29日(水),30日(木)1泊2日の行程で,2学年希望生徒24名が参加し, 大学での学びについての講義,日常の講義や研究活動の体験,先輩との懇談を通して,大学への視野を広げ教育内容への理解を深めることができました。

    7月29日(水)…第1日目
7:00 学校出発…校長先生の見送りを受け学校を出発。強い日差しの中、北へ。
10:00 学部別全体説明…工学部と人文社会学部それぞれに分かれて大学での勉強とはどのようなものか, また昨今では旧来の理系・文系,理学・工学のように単純に分類できない学問体系などの話をいただきました。 岩手大学アカデミックインターシップ
13:30~16:00 大学の講義や実験室に分かれての学習です。特に工学部では生命,数理・物理,マテリアル,電気電子通信,知能メディア情報,機械科学の各コースに分かれてのプログラムです。
人文社会学部…松岡和生教授

社会調査実習に関しての講義の聴講です。社会調査を行うためには質問の吟味,回答データの数学的処理などを学びました。

岩手大学アカデミックインターシップ
工学部
生命コース…荒木功人准教授,若林篤光助教

DNA精製と制限酵素地図の作成を行いました。

数理・物理コース…水本将之准教授

粉末冶金法と呼ばれる材料プロセスを体験しました。

電気電子通信コース…長田洋教授 岩手大学アカデミックインターシップ

USB通信式データロガーを作製し,実際にデータ測定を試みてみました。

知能メディア情報コース…金天海准教授

知能を持つロボットの実際とデモンストレーション

機械科学コース…吉野康弘教授

トライポロジー実験(金属の摩擦測定)

17:00 宿泊場所である「国立岩手山青少年交流の家」に到着です。 岩手大学アカデミックインターシップ
19:30~21:00 夜の特別講義です。

今日の実習内容,学んだこと,どう役立てるかなどをグループ毎に話し合い,その結果を報告して結果を共有しました。 工学部高木浩一教授には,太陽光パネルによる起電力測定の実験をご指導していただき,得られたデータの処理の方法を通して数学の重要性を学びました。 本校OBで工学部電気電子情報工学科2年の山田崇寛さんと旦尾一樹さんから,大学生活の様子,高校生活でやるべきことについて貴重な話を聞くことができました。

岩手大学アカデミックインターシップ 岩手大学アカデミックインターシップ
    7月30日(木)…第2日目
9:40~14:40 2日目も各コースに分かれての研修となりました。
人文社会学部…松岡和生教授

大学1年生の基礎ゼミに参加させていただきました。生徒も話す機会をいただきました。 また,大学院生の演習とその発表についても聴講しました。

岩手大学アカデミックインターシップ
工学部
生命コース…荒木功人准教授,若林篤光助教

前日に引き続きDNA精製と制限酵素地図の作成を行いました。

岩手大学アカデミックインターシップ
数理・物理コース…中西良樹准教授、谷口春香助教

超伝導物質の物理的な性質について調べる実習をおこないました。

電気電子通信コース…小林宏一郞教授

OPアンプ心電図を作成し,自分の心臓の動きについて測定してみました。

岩手大学アカデミックインターシップ
知能メディア情報コース…明石卓也准教授

知能を持つロボットにプログラミンを施してみました。

岩手大学アカデミックインターシップ
機械科学コース…柳岡英樹教授,末永陽介助教

エンジンの仕組みや諸元測定,熱効率や排気量を計算して環境に負荷の少ないエンジンの仕組みについての講義を受けました。

岩手大学アカデミックインターシップ
14:40~15:00 閉講式

船崎健一工学部長から2日間を振り返っての講評と修了証書をいただきました。

岩手大学アカデミックインターシップ 岩手大学アカデミックインターシップ

ナビゲーション

バナースペース

宮城県多賀城高等学校

〒985-0831
宮城県多賀城市笠神二丁目17番1号

TEL 022-366-1225
FAX 022-366-1226

E-mail: chief@tagajo-hs.myswan.ne.jp