本文へスキップ

English | Access | Sitemap

TEL 022-366-1225

〒985-0831 宮城県多賀城市笠神二丁目17番1号

東日本大震災の記憶

 トップ > 災害科学科 > 東日本大震災の記憶

多賀城ロータリークラブ様より「東日本大震災メモリアルDay」の開催協力金をいただきました

(2017年1月31日 更新)

 1月27日(金)、多賀城ロータリークラブ会長の佐藤仁一郎様が本校を訪れ、3月4日・5日に本校主催で行われる「東日本大震災メモリアルDay」の開催協力金として本校教育振興会に30万円の寄附をいただきました。
 この行事は、これまでにも本校と交流がある全国の高校を招待し、東日本大震災の追悼に加え、その経験と教訓を後世に継承し、さらには国内外の減災に貢献する若者を育成する目的でおこなわれます。自らの防災活動や課題研究などの成果を発表するとともに、ワークショップなどの意見交換を行い、より交流を深めようというもので、今年度が初めての企画になります。
 佐藤会長は、「若い世代の人たちが、防災や減災を考えてくれるのはとても心強い。地元ロータリークラブとして是非応援したい。」と述べられました。協力金は小泉博校長が丸山隆本校教育振興会会長に代わり受け取りました。
写真
左:佐藤仁一郎多賀城ロータリークラブ会長  右:小泉博校長

平成27年度 東日本大震災追悼集会

写真

 平成28年3月11日(金)14:00より本校体育館において「東日本大震災追悼集会」が行われた。はじめに学校長より講話があり、「震災の記憶を風化させることなく、後世に語り継ぐ役割が私たちにあります。」今春開設される災害科学科の意義と多賀城高校の使命の重さについて話があった。
 14時46分多賀城市の黙祷の放送に合わせ、全員で黙祷をささげた。
 引き続き、今年度の「防災・減災に関するこれまでの取り組み」の中から、代表して三つの取り組みについて活動報告があった。
 まず、平成28年3月に兵庫県・国立淡路青少年交流の家で行われた「平成27年度 全国防災ジュニアリーダー育成合宿」の様子を岩佐彩音さん(2年)と加藤健太さん(1年)が報告。
 続いて、合唱部が参加した「東日本大震災5年の集い~復興への道のり~」(平成28年3月4~6日 津リージョンプラザ(三重県))と愛媛県立東温高等学校より寄贈された桜の苗木の植樹の模様について合唱部の嶋津香菜さん(2年)と黒須宥斗さん(1年)が発表した。
 最後に、平成28年1月にあった「ぼうさい甲子園『高校の部優秀賞』受賞記念発表報告(兵庫県公館)を生徒会の亀山沙月さん(2年)、高橋里奈さん(1年)が行った。

写真 写真

平成26年度 東日本大震災追悼集会

震災から4年となる、3月11日(水)に東日本大震災追悼集会を行いました。校長先生からお話をいただき、14時46分のサイレンに合わせ、震災で亡くなった方々に対し黙祷しました。
 その後、昨年の12月に兵庫県で行われた「全国防災ジュニアリーダー育成合宿」については生徒会執行部の後藤環くん(2年)と、藤門莉生くん(1年)が報告し、1月に兵庫県立舞子高校で行われた「1.17震災メモリアル行事」については生徒会長の阿部拓人くん(2年)と、副会長の亀山沙月さん(1年)が報告しました。報告の中で、それぞれが感じたこととともに、多賀城高校の生徒として、また、多賀城高校生徒会として今後防災に対して取り組むべき活動の提案がありました。生徒はみな自分の問題として捉えて、真剣に聞いていました。

東日本大震災追悼集会

 東日本大震災から三年を経過した3月11日(火),本校体育館で東日本大震災追悼集会を行いました。

 生徒と職員が先の震災でお亡くなりになられた方々に対しての黙祷をし,校長講話と本校生徒の防災関係の活動報告がありました。
 活動報告では,2年生の小向健太郎君,1年生の相澤真帆さんと小野果菜さんが,1月に東京で行われた,国立青少年教育振興機構主催「中学生・高校生による全国防災会議」での参加報告をし,2年の中村明稔君と福田栞さんが同じく1月に兵庫県立舞子高校で行われた,「阪神・淡路大震災メモリアル行事,世界防災会議」での発表報告(震災当時の学校生徒の様子及び津波標識設置活動について)がありました。
 

こどもの音楽再生基金に吹奏楽部とギター部が出演
~ presents School Music Revival Live 2013 ~

 8月4日(日)に 「こどもの音楽再生基金 presents School Music Revival Live 2013 」が,名取市文化会館と会場に行われ,本校の吹奏楽部とギター部AHMYが出演しました。
 こどもの音楽再生基金は,東日本大震災の被災地の幼稚園・小・中・高校に対し,楽器関連の復興支援を行うため,プロジェクト「School Music Revival」を発足し,楽器業界として全国楽器協会に復興支援基金として設立されたものです。今回ゼネラルゼネラルプロデューサーを務めた音楽家(元YMO)坂本龍一氏が,発起人の一人となっています。コンサートは昨年に続き2回目で,すでに来年8月3日(日)に東京エレクトロンホールで開催されることが当日発表されました。
 当日の司会は,渡辺真理(アナウンサー)さんが務め,ゲスト演奏を除きのべ12校(多賀城高校は吹奏楽部とギター部の2校でカウント)が出場しました。出場校は県内の高校が主体ですが,被災県代表として岩手県立久慈高校吹奏楽部,帝京安積高校和大鼓部,松韻学園福島高校軽音楽部が参加しました。
 ステージは坂本龍一氏の「戦場のメリークリスマス」のピアノ演奏で始まり,本校ギター部の女子生徒4人組AHMYが4番目に登場しオリジナル曲の「HIKARI」を,吹奏楽部は12番目に登場し坂本龍一氏作曲の「八重の桜メインテーマ」と「セプテンバー」を演奏しました。いずれも高校生らしい元気のある演奏で会場からも大きな拍手をもらいました。最後の坂本氏のコメントでは,高校生の真剣な姿勢と感動的な演奏について賛辞の言葉があり,吹奏楽部が演奏した「八重の櫻」メインテーマについてもお褒めの言葉をいただきました。参加したすべての高校生にとって,思い出に残る貴重なイベントとなりました。

■熊谷安莉(吹奏楽部副部長 3年2組)
 会場に行く前に,全員で被害の大きかった閖上を見てきましたが,まだまだ震災の爪痕が残っている現状を見て心が痛みました。
 本番では,それぞれ感じたことを音楽として表現できたと思います。今回の演奏会に参加してみて,言葉では言い表せない想いを,音楽を通してたくさんの方々に伝えることができる幸せを改めて感じました。
 これからも,少しでも多くの方に感動していただける演奏ができるよう,精一杯頑張ります。

 ↑http://www.zengakkyo.com/smr/ より

■森谷遥奈(AHMYドラム担当 2年1組)
 初めての大規模なイベントに参加させていただきとても緊張しましたが,本番では自分達らしく演奏ができたと思います。また,フィナーレにも参加させていただき,本当に楽しい時間を過ごすことができました。この経験を生かし,今後も頑張っていきたいと思います。

 ↑http://www.zengakkyo.com/smr/ より

復興支援スクールコンサートを終えて

去る12月4日(火)に三井住友海上文化財団及び宮城県教育委員会の主催でサクソフォン奏者の須川展也さんとピアニストの小柳美奈子さんをお迎えして標記のコンサートを実施しました。15:30から16:20までの1時間ほどで「G線上のアリア」や「トゥーランドット」などおなじみの曲から日本民謡をモチーフにした曲まで幅広く演奏していただき,楽しいコンサートとなりました。コンサート後の吹奏楽部と合唱部との交流会では,予定の時刻を大幅に過ぎても熱心に生徒の演奏に対してご指導いただきました。お帰りの際に須川さんから「私のほうが生徒から元気をもらった。」とお話いただいたことは本校生の今後の励みになると思います。須川さん,小柳さん,ありがとうございました。

 
コンサート フロアでも演奏


お礼の言葉 代表 星 健斗


吹奏楽部 クリニック&交流会

東日本大震災に伴う支援物資等のご支援をいただいた方々について(11月現在)

11月11日,北村会長をはじめとするびわ湖八幡ロータリークラブ様6名の方々が,わざわざ滋賀県よりおいでになりました。

東日本大震災に伴う支援物資等のご支援をいただいた方々について(10月現在)

下記の皆様より,楽器,バスケットボール・バレーボールをご支援いただきました。

1)アンサンブルグリーン 様
2)社会福祉法人 亮千会(大代保育所) 理事長 鈴木徳蔵 様

吹奏楽部『心の絆 チャリティコンサート』に参加

本校吹奏楽部が『心の絆 チャリティコンサート』に参加いたしました。

『サーカスふれあいコンサート in 東北』が開催されました

10月3日(月)に『サーカスふれあいコンサート in 東北』が開催されました。

東日本大震災に伴う支援物資等のご支援をいただいた方々について(9月現在)

下記の皆様より,洗濯機(2台),楽器等,登山用品をご支援いただきました。

1)災害復興支援コーデイネーター 田中 可亮 様
2)東静電気株式会社 様
3)アンサンブルグリーン 様
4)金子 忍 様
5)株式会社 山と渓谷社 様

桜木花園幼稚園からお礼状をいただきました。

東日本大震災後のボランティア活動に関して桜木花園幼稚園からお礼状をいただきました。

東日本大震災に伴う支援物資・メッセージ・義援金等の御礼

平成23年6月13日
宮城県多賀城高等学校長 中村勝彦

(フルネーム表示でないことをご了承ください。)

(1)(有)フイットネスアポロ社・青木様
(2)大阪市立泉尾工業高等学校・西浦様
(3)数研出版株式会社様
(4)(株)ベネッセコーポレーション様
(5)実教出版株式会社様
(6)川西市・八尾様
(7)江崎グリコ株式会社スポーツフーズ営業部・藤戸様
(8)横浜市(株)アレッセコーポレーション様
(9)丹波市・タグチスポーツ様
(10)福井市・荒川様
(11)芦屋市・(株)トライオールスリージャパン様
(12)猪名川町・トライアスロンチーム チームブレイブ選手一同様
(13)北長尾町・トライアスロンチーム チームブレイブ三島様
(14)丹波市・大原様
(15)寝屋川市あかつき・ひばり園 園長・職員一同様
(16)交野市・川中様
(17)沖縄県 金武町・前泊様
(18)福岡市・西川様
(19)多摩市・守永様
(20)フランス・ペルピニャン高校様
(21)イギリス ロンドン 本校元ALT サムドニソン様
(22)イギリス スコットランド 本校元ALTトーマス・ニスヘッド様
(23)今治市・楠橋 様
(24)山形県高等学校体育連盟ソフトテニス専門部様
(25)株式会社ショウワコーポレーション様
(26)多摩市・萩原様
(27)東京書籍株式会社様
(28)宝塚市立宝塚第一中学校・浜名様・西田様

 東日本大震災で犠牲になられた皆様のご冥福をお祈りいたしますとともに被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 さて,大震災から3ケ月が経ちましたが,避難所・親戚等の家から通学している生徒が50名(全校生徒数:832名)近くいます。JRの不通のため代替えバス等で通学をしている生徒,信号機も街灯もない状態の中を自転車通学している生徒が多数います。学校周辺は,道路脇に船・車がまだ残っています。
 そのような中,今もたくさんの支援物資やメッセージを頂戴しております。支援物資の一部は,生徒がボランテイア活動の一環として避難所や被災場所等にもお届けし,活用していただきました。メッセージは,校内掲示・集会等で紹介させていただきました。生徒も教職員も皆感謝の気持ちでいっぱいです。「チーム多賀城」の気持ちで,これから精一杯学校生活を送っていきたいと思います。今後とも本校の教育活動へのご理解,ご協力をよろしくお願いいたします。
 学校としての御礼が大変遅くなり,ご無礼をお詫び申し上げます。あらためて御礼をさせていただきます。ご支援大変ありがとうございました。

バナースペース

宮城県多賀城高等学校

〒985-0831
宮城県多賀城市笠神二丁目17番1号

TEL 022-366-1225
FAX 022-366-1226

E-mail: chief@tagajo-hs.myswan.ne.jp