本文へスキップ

English | Access | Sitemap

TEL 022-366-1225

〒985-0831 宮城県多賀城市笠神二丁目17番1号

吹 奏 楽

 トップ > 学生生活 > 吹奏楽

吹奏楽部 クラリネット8重奏
第44回全日本アンサンブルコンテスト東北大会
金賞受賞

(2017年2月14日 更新)

2月12日(日)、山形県酒田市民会館「希望ホール」にて開催されました「第44回全日本アンサンブルコンテスト東北大会」で金賞を受賞しました。多くの方々に応援いただき本当にありがとうございました。今後もより良い演奏ができるように部員一同頑張って参りますので、ご声援よろしくお願いいたします。

“阿部 夏樹  2年 クラリネットパートリーダー“
 アンサンブルの練習を始めてから、本当に多くの方々から応援いただきました。地区吹奏楽祭やウィンターコンサートの際に温かい言葉をいただいた地域の方、時間を削って私達のためご指導くださった先生方、アドバイスや励ましの言葉をいただいた先輩方、出発の時にまで生演奏で応援してくれた部員の皆さん、様々な方々に支えられての金賞受賞になりました。
 今回演奏した「ドデカフォニック エッセイ」は例年とは曲想が違う現代曲ですが、自分達が気に入って選んだ曲でした。不協和音のバランスや各パートのフレージングが難しいところもありましたが、同じ旋律を担当しているパートで合わせることで一体感を出すことを心がけて演奏しました。本番は、吹奏楽部の代表のつもりで部員の想いも音に込めて演奏することができました。結果は、金賞を受賞して嬉しい気持ちですが、自分たちの目標にしていた全国大会出場には届かず悔しい気持ちが大きいです。夏に行われる全日本吹奏コンクールでは、この経験を生かし、全国大会に出場できるよう頑張りますので、今後とも多賀城高校吹奏楽部を応援よろしくお願いいたします。

写真 写真

イオン多賀城店「ふれあい祭り」で演奏してきました
(update 2016/05/31)

 平成28年5月29日(日)吹奏楽部がイオン多賀城店から招待され,ミニコンサートを行ってきました。会場はエスカレータ脇のホールでしたが,お客さんで演奏前からいっぱいとなりました。30分余りの演奏を午前、午後2回行いましたが,いづれの会も演奏が進むにつれて,多くの買い物客が足を止めてくださいました。
 このコンサートでは熊本の震災への募金活動も行い,多くのご協力もいただきました。集まった募金は多賀城高校の募金活動として熊本へお送りする予定です。
 私たちの演奏で,少しでも生活に潤いと音楽の楽しさを感じていただければと思います。今後もいろいろな場所で演奏していきたいと思いますので応援よろしくお願いします。


「吹奏楽部第39回定期演奏会にご来場いただきありがとうございました♪」
(update 2016/05/18)

5月4日水曜日、多賀城市文化センター大ホールにて、本校吹奏楽部第39回定期演奏会を、盛大に開催することができました。今回は、吹奏楽指導で著名な元精華女子高校、現在は、長崎県活水中学校・高等学校吹奏楽部顧問の藤重佳久先生に客演指揮をしていただき部員一同大変勉強になりました。

画像画像

藤重先生は口笛が上手でした(笑)

マーチングステージでは、リトルマーメイドを披露致しました。

画像画像
画像

 「ドリルステージだけではなく、歌や振りも交え、多高吹奏楽部ならではのリトルマーメイドの世界を作り上げました。今年は例年より練習期間が短く、完成に至るまで大変な思いもありましたが、本番では部員全員が楽しみながら今までで一番良いステージになりました。 応援ありがとうござました。演出:米澤美優(3年)」

 ポップスステージも最後まで盛り上がりました。

画像

「このような演奏会を開催できましたのも、御協賛いただきました企業の皆様をはじめ、日頃からサポートして頂いている吹奏楽部保護者会、演奏会運営に大きく尽力頂いている文化ホール職員の皆様のおかげと、心から感謝申しあげます。昨年の全日本吹奏楽コンクールでは、東北大会金賞を受賞することができました。その先輩方の記録を越えて全国大会に出場することを目標に、部員一丸となり日々練習に励んでいます。今年は例年と比べてとても早い時期の演奏会ということもあり不安や焦りが多くありました。本番までに間に合わないのではと思うことが何度もありましたが、その困難もより多くの感動をお客様に与えたいという思いで乗り越えてきました。
 当日はおかげさまで会場が超満員の中、大成功を収めることができました。ご来場くださった皆様をはじめ、ご支援くださった方々、誠にありがとうございました。部長:佐藤海仁(3年)」

 楽器を演奏できることに感謝し、一音一音を大切に、日々精進していきたいと思います。これからも多賀城高等学校吹奏楽部をよろしくお願いします。

39th 定期演奏会が行われます。(update 2016/04/26)

植樹会で吹奏楽部が演奏を行いました! (update 2015/03/23)

3月21日(土)に多賀城緩衝緑地公園にて植樹式及び植樹会が開催されました。同式典の開会前セレモニーにて、本校吹奏楽部が演奏を行い、リクエスト曲の「花は咲く」を披露しました。

吹奏楽部・合唱部 ラジオ出演 松任谷正隆さんとスペシャルセッション♪
(update 2014/12/26)

12月31日の大みそか、23時~25時にTOKYO FM系のラジオで全国放送される、「年末年始特別ラジオ番組Because of you ~あなたがいたから~」に吹奏楽部と合唱部が出演することになり、12月17日に収録が行われました。

当日は、音楽プロデューサーの松任谷正隆さんに加えて、アナウンサーの中井美穂さんもインタビューのために本校へいらっしゃいました。

【収録の様子】


【参加した生徒の感想】

■吹奏楽部 部長 高橋まりな(2年)

私たち吹奏楽部にとってラジオ収録は初めての経験でした。しかもそれが、全国的に有名な松任谷正隆さんと一緒ということで、本番も緊張で胸がいっぱいでした。収録曲は「春よ、来い」と「やさしさに包まれたなら」の2曲でした。本番が始まり、松任谷さんや中井美穂アナウンサー、スタッフの方々と収録を進めるごとにステージが1つになっていくのがわかりました。初めはみんな緊張でガチガチだったのに、松任谷さんの温かい人柄とお話で緊張がほぐれました。

今回の収録を終えて、松任谷さんの音楽に対する真剣さや厳しさを知ることができ、今回の演奏が全国で放送されるということで、私たちの演奏をたくさんの方々に届けられると思うので、少しでも多くの人に聞いていただけることを願っています。このような素晴らしい機会をいただけたことを本当に感謝しています。


■合唱部 部長 木村 百花(2年)

吹奏楽部とは今までにも何度か一緒に演奏する機会がありましたが、プロの方も交えてもセッションという経験はありませんでしたが、とても楽しく歌うことができました。今回のようなプロの方とのセッションは滅多にないことなので、私も部員たちもみんな緊張していましたが、松任谷さんのお話のおかげで、最後にはいつも通りリラックスした状態で歌うことができました。今回の経験を活かし、これからも一生懸命、練習を頑張っていきたいと思います。


■吹奏楽部 鎌田 茉緒(3年)

東日本大震災について、松任谷さんや中井美穂さんからラジオ取材を受けました。松任谷さんは物事に対する着眼点が鋭く、中井さんはとても気さくで話しやすい方でした。震災で経験したことや今、考えていることなどについてお話させていただきました。私と一緒に取材を受けた2人の話も聞くことができ、最近は震災について思い返す機会がだんだん減っていたので、とてもよい機会となりました。


放送時間は12/31 23:00~1/1 1:00です。松任谷正隆さんのピアノにあわせたスペシャルセッションをぜひお聴きください!番組の詳細はTOKYO FM JFN年末年始特別番組「Because of you~あなたがいたから~」をご覧ください。

お誉めの言葉をいただきました!

 6月1日(土)に行われた,吹奏楽部の第37回定期演奏会にいらっしゃった方からお誉めのお電話をいただきました。


○利府町在住の方からのお話
 吹奏楽部の定期演奏会はとても素晴らしく,感動しました。4月にバス停で会った多賀城高校1年生の吹奏楽部の生徒さんたちも,さわやかで服装もきちんとしており,とても好感が持てました。

○吹奏楽部 部長 小野聡美(3年2組)
 新入部員37名を迎え,私たちは定期演奏会の日のために部員一丸となって練習に励んできました。部員が多いため意見が合わず衝突したり,失敗したらどうしようと不安になって挫折しそうになることもたくさんありました。しかし,せっかく来ていただくお客さまたちに演奏会を楽しんで見ていただきたいという気持ちから,互いに励まし合い,演奏会を成功することが出来ました。
 演奏会に足を運んでくださった方々,いつも私たち吹奏楽部を支えてくださった方々,本当にありがとうございました。これからも,多賀城高校吹奏楽部をよろしくお願いします。

第37回定期演奏会の御礼

 6月1日(日)に多賀城市民会館において開催致しました第37回定期演奏会は,お陰様をもちまして2回公演に合わせて約1800人のお客様にご来場いただき,無事盛会のうちに終了することができました。
 これもひとえに皆様方のご支援の賜と心より感謝致しております。
 ここに厚く御礼を申し上げるとともに,今後ともご指導・ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

全日本吹奏楽コンクール 東北大会にて金賞を受賞!

吹奏楽部が全日本吹奏楽コンクール東北大会で金賞を受賞しました。3年連続で金賞受賞という素晴らしい結果となりました。

○吹奏楽部部長 坂本 諭加さんからのコメント
全日本吹奏楽コンクール東北大会に出場し,金賞をいただきましたが,全国大会へはあと一歩届きませんでした。ここまでくることができたのも,たくさんの応援をいただいたからです。あらためで御礼申し上げます。全国大会にはいけませんでしたが,3年連続東北大会で金賞受賞ということで,来年表彰されることになりました。この結果に誇りを持ち,後輩たちに私たち3年生の夢をたくしたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。


吹奏楽部定期演奏会

6月10日(日)に第35回定期演奏会が開催されました。


■校長挨拶

 今回は,昨年から加わった「多高吹奏楽部の熱狂的なファン」のひとりとして昼の部に行きました。今年は,何と昼夜2回公演という高校生ではあり得ないファンサービスをしてくれましたが,「夜の部」は満杯になるということで,私は「昼の部」を選びました(「夜の部」は入り口までは行きました)がそれでもほぼ満席状態でした。聞くところによると,「夜の部」には多くの本校生が観客として詰めかけ,さらに演奏が大いに盛り上がりとても思い出に残る素晴らしい演奏会になったようです。

 本校吹奏楽部の良さは,2回公演にも代表されるように「観客の皆さまに喜んでもらう」ことを第一に考え,自分たちができることを精一杯やろうと努力することです。メリハリのある演奏メニューはもちろん,幕間にもピアノ演奏など必ず何かを入れて観客を飽きさせない気配りに昨年も深く感心したものです。今年は,全体的にも予想を上回る素晴らしい演奏会でしたが,中でも初めは口パクかとすっかり騙された「リトルマーメイド」でのアリエルのソロ,レベルの高さを感じた1年生の初ステージなど随所に見せ場があり,「珠玉のとき」を過ごすことができました。部員達はもちろん陰で支えてくれた卒業生達そして「踊る指揮者」児玉先生はじめ顧問(+裏方)の先生方に深く感謝しています。

 最後になりますが,お忙しいところ会場に来ていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

 校長 中村勝彦

■部長挨拶

 6月10日に多賀城文化センターで第35回多賀城高校吹奏楽部定期演奏会を行いました。来場者数は昼夜の公演合わせて1600名を超える方にご来場頂くことができました。今回のテーマは「Love&Peace」でした。沢山のみなさんに勇気や感動を与えられる演奏をしたい。音楽を通して元気づけたいという思いからこのテーマを選びました。

 特に大変だったのはマーチチング「リトルマーメイド」では音取りから始まり,自分たちの手が作り上げるものが多く,完成したときの喜びや達成感はとても大きかったです。その他のステージも時間をかけて演出を決め,お客様に喜んでいただきたい一心で部員一丸となってステージを作り上げました。

 最後になりましたが,演奏会を開催するに当たり,沢山のご支援,ご声援をいただきましてありがとうございました。これからも多賀城高校吹奏楽部を宜しくお願いします。

 部長 坂本諭加

仙石線多賀城地区高架切換式典で吹奏楽部が見事な演奏を披露

JR仙石線多賀城周辺の下り線が8日高架に切り替わり,すでに高架化されていた上り線とともに事業が完成したことを受けて,翌9日村井宮城県知事,菊地健次郎多賀城市長,里見JR東日本仙台支社長らが出席し,駅前公園広場で記念式典が開かれました。



式典では多賀城市の依頼を受けた本校吹奏楽部が,オープニングセレモニー,ファンファーレそして特別演奏を担当し,その場面々々に相応しい選曲で心のこもった演奏を披露しました。生徒達は何とか式典を盛り上げようと工夫を凝らし,AKB48の「会いたかった」では曲の最中,県知事を初め来賓の方と握手を交わすパフォーマンスで会場を驚かせました。また,十八番の「セプテンバー」では,満面の笑みを浮かべながら,明るく爽やかなパフォーマンスで,式典を大いに盛り上げてくれました。知事さんも市長さんも大変喜ばれたご様子で,式典終了後はお二人とも自ら部員一人一人に記念品を手渡しながら,激励と握手をしてくださいました。生徒達にとっても,知事さん,市長さんと間近に接し直接言葉を交わす貴重な経験となり,思い出に残る楽しいひとときになったようです。

全日本吹奏楽コンクール第54回東北大会 金賞

8月27日(土)に北上市文化交流センターさくらホールで行われた第54回全日本吹奏楽コンクール東北大会において,課題曲「薔薇戦争より『戦場』」自由曲「三つのジャポニズム」を演奏し,2年連続の金賞を受賞致しました。当日はもとより,たくさんの方々に応援いただきましたことに厚く御礼申し上げます。

『吹奏楽東北大会所感』
吹奏楽の東北大会は私にとって初めての経験でしたが,審査員の講評にあったように出場校24校のレベルは高く,満員の会場は緊張感に満ちてた。その中で,本校は最後の24番目(17:15演奏開始予定)ということで,午前中よりは午後の方が演奏者にとっても審査員にとっても有利とは言われるが,午後の部には有力校が集中しており(今回全国大会出場を決めた3校はすべて午後),県大会と同じ順番とはいえ,さすがに今大会でトリとなったプレッシャーは想像以上のものがあったはず。確かに私が聴いた午後の部はレベルが高いものでしたが,その中で演奏が終わったときに場内にざわめきが起こったのは,福島県の磐城高校(全国大会出場常連校で,素人の私でも技術の高さは実感)と本校の2校でした。特に,本校の演奏が終わった後に,隣にいた福島県の保護者の方々が「すごいね」と感心してくれたのが嬉しく,反対側で撮影していた新聞社のカメラマンがうっすら涙を浮かべていたのがとても印象的でした。
本校の取り上げた自由曲『三つのジャポニズム』は,出場校の中で唯一東北の祭りをイメージした曲で,大震災のこともあり,後半は特に観客に元気と勇気を与える躍動的な演奏だったと思います。記録としては,残念ながら全国大会出場は逃しましたが,2年連続金賞は誇るべきものであり,何より人の心に元気と感動を与える”最も記憶の残る”演奏をしてくれた顧問と生徒たちに心から拍手を送ります。
最後になりますが,ご多用の中,遠路はるばる応援に来ていただいた皆様に深く感謝申し上げます。

吹奏楽部 東北大会 出場

8月4日(木)東北学院中・高等学校の礼拝堂にて第54回全日本吹奏楽コンクールの県大会が行われ,多賀城高等学校の吹奏楽部が2年連続東北大会出場の栄冠に輝きました。

当日は保護者の方々も30名ほどが応援に駆けつけました。
6時からの演奏は高等学校の部の最後を飾るのにふさわしい祭りの光景が目に浮かぶような力強く,華やかで,すばらしい演奏でした。これもひとえに今まで応援して下さった皆様のおかげと感謝申し上げます。

東北大会は8月27日(土),会場は北上市文化交流センターになります。今後ともみなさまの応援とご支援よろしくお願いいたします。

バナースペース

宮城県多賀城高等学校

〒985-0831
宮城県多賀城市笠神二丁目17番1号

TEL 022-366-1225
FAX 022-366-1226

E-mail: chief@tagajo-hs.myswan.ne.jp